大分にドライブなのだぁ~二日目

投稿日:

9月5日(日)

ホテルを10時にチェックアウトし、まずは初日に見れなかった血の池と竜巻地獄に行ってきました。竜巻地獄は間欠泉で3~40分待たされたけど、お湯が吹き上げてきたときはびっくりした。みんなは結構子供だましとか言うけど楽しかったよ。多分精神的に子供なんだろうなぁ~(~_~;)

それから、ガイドブックの穴場っぽいところで、「仙人の湯」へむかった。いかにも神秘的で良さそうでしょ、露天風呂もあることだし楽しみ楽しみ(^^♪でナビの案内で到着・・・ってあれ誰もいない、なぜ?ナゼ?何故?どうやら夏休みが終わったので改装中だったらしい(~_~;)今回は温泉に縁がないなぁ・・・。

次の目的地の「青の洞門」にむかう途中に見かけたストーンサークルの文字に遺跡好きの妻が行ってみたいと一言。よし行ってみっぺか~!あらぁだんだん道が細くなってきたぞぉ~、なんかけもの道みたいな山道を登るとさらに道は狭くなり、木が倒れてたりしてクーちゃんの下面はガリガリ音を立ててるしぃ~戻るにもバックで降りる自信も無いので前に進んでいった。やっと前に舗装路が見えて安心してその道に出ようとした瞬間「ガガガ、ガツッ」ヤバァ~絶対ヤバイ、オイル漏れ出すぞこれ~って車を止めて恐る恐る下面を除いてみると、なんと!なんともなってない!カバーが少し削れたくらいでどうもなってなかった。クーちゃん強い!意外なところで強さを認識できました。って整備されて無いような道をこの車で行くことが問題だと思うが・・・(~_~;)

で結局そこから歩いて1キロ登らなければならないということで、あきらめて「青の洞門」にむかった。大分県さん観光名所にするならもう少し整備してくださいm(__)m

「青の洞門」は菊池寛の小説のモデルにもなってるみたいで、禅海さんという奇特なお坊さんが崖の上を通る旅人が転落事故でなくなるのを見て、旅人の為に30年の歳月をかけてトンネルを掘ったということらしい。30年もトンネル掘りとは僕には絶対できんね。今の時代に生きてて良かった。

あとは、近くのインターから熊本のおうちまで一直線~。で実家にお土産を持っていって、「初めて大分に行ってきたよ~」というと母に「何行ってるの?10年前に家族で行ったじゃない」って・・・。地獄めぐりなんて初めてのつもりで子供みたいにはしゃいでたのに・・・、実は10年前にも行ったらしい・・・(~_~;)

10年前の記憶はどこに行ったのだろうか(~_~;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中