マイ読書週間3


8/19
読書の虫が次に手を伸ばしたのは、村山由佳さんの「天子の卵」「天使の梯子」です。
最近、恋愛小説ばっかり読んでるなぁ(^_^;)
 
天使の卵は、もともと妹(夏姫)と付き合っていたのが、偶然8歳年上の夏姫の姉(春妃)を愛してしまった美大生(歩太)の話。
もともと冷めた性格の主人公の歩太が春妃を愛してから、変わっていく姿がとても印象的だった。
しかしラストに夏姫に隠れて付き合っていた二人の関係がバレ、さらにおなかの子とともに春妃が亡くなってしまう。
天使の梯子、天子の卵から10年後夏姫が春妃と同じ年齢になって同じような恋に落ち、その年下の恋人が歩太と話し、あのとき夏姫の背負ってしまった十字架を軽くするという話。
 
どちらの話も読んでて知らないうちに涙が出ていた。
現実にはありえないことだと思う。でもそこまでいかなくても似たような恋愛はしてきた気がする。傷つけるつもりがないのに傷つけたり、そのことで誤りたいのにタイミングを逃して言えなかったり・・・。
次に愛する人ができたらそんなことがないように話をしたいと思う。
 
今度DVDを借りてみよう、天子の卵では春妃役が小西真奈美さん、天使の梯子では夏姫役がミムラさんとどちらも僕の好きな女優さんだしとっても楽しみです(*^_^*)
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close